FC2ブログ

霊芝について考えていたら

今年も10月が後1週間で終わります。
年を重ねると時間が早く過ぎていくと
言われていますが、その通りです。

今年の初めはコロナと東京オリンピックを
どうするかで日本中もう大変!

僕は霊芝のガノデリン酸のことを考えていたら
いつの間にか10月になっていました。

今日の朝はヨーロッパではコロナ患者が
すごい勢いで増えているとメディアが伝えています。
寒くなってくると増えてくるのでしょうか。

そうなのです。
ここ2,3日前から急に寒くなってきたのです。
でも心配してもどうしようもないので、
考えないようにするのが一番、やれることだけはやって、
後は大好きなガノデリン酸のことをもっと研究することにしよう。

そうそう、聞いてください。
霊芝の体験談を募集したら、たくさんの方から
嬉しい知らせが届きました。

そういえば霊芝の人工栽培を初めて成功させた
京都大学の直井先生の本の中に出てくるのですが、
古来霊芝は如意と称され招幸物として
珍重されたとの記述がでてきます。

◎霊芝を食べたら、
「身体が元気になり→よく働けるようになり→
豊かになり→幸せになった。」


◎霊芝を食べたら、
「心が元気になり→学習意欲が高まり→
良い知恵が湧くようになり→幸せになった。」 


どうです良いでしょう。

でもこの内容と同じように幸せが訪れた方からの
お便りがたくさん届きました。
ありがとうございました。
スポンサーサイト



霊芝の個性(才能)をいかに活かすか?

霊芝のパワーポイントを作りたいと思い、
いつもお世話になっている大学教授に資料をお願いしたら、
200ページぐらいの資料を用意してくださいました。
しかも今までの研究データをまとめた貴重な資料でした。

一度は説明を聞かないと理解するのが難しい資料です。
私はその資料を何回も読み返しているうちに
理解できるところが出てき始めました。
そうなるとドンドン面白くなる。
そこで出てきた文章がこれです。

「霊芝の個性(才能)をいかに活かすか?」
見事な表現力だと思いました。

人間にも生まれつき足が速い人、
知能指数がすごくいい人、音楽の才能が優れている人など
人それぞれ持って生まれてくる個性(才能)
違うことは分かっていますよね。
その個性(才能)を生かしプロフェッショナルして
活躍している人もたくさんいらっしゃいます。

霊芝はキノコの仲間、キノコも様々な個性を持って進化してきました。
あるキノコは食べるとお腹を壊してしまう、
あるいは毒を持っていて食べると死に至るキノコなど、
全ての動物、植物、菌類、ウィルスなど生き残るため
何千年、何億年の間、様々な個性(才能)を進化させ
「種」を残すことに全力を上げてきましたし、
今もその戦いは続いています。

霊芝はまず動物に食べられないよう
「食べても固いよ。美味しくないよ。」と伝えるために
固い細胞膜を作り自分を守りました。

次に同じ菌類や植物やウィルス、
紫外線などとの戦いに勝つための
成分=個性(才能)をどんどん作りました。

霊芝が自分を守る成分を作る能力が非常に高い
キノコだということを古の中国人たちは分かっていました。
そしてその霊芝の個性(才能)が私たち人間の健康を守るために
重要な役割をしてくれることが中国の薬物書「神農本草経」に
最高級の上品として出てきています。

現代になり科学の進歩が霊芝の個性(才能)
何かということを解明し始めました。
その成分の名前はガノデリン酸です。

霊芝の個性(才能)=ガノデリン酸ということです。
ガノデリン酸を上手に活かすことが
人の健康に大きく影響を与えることになりそうです。
霊芝の個性(才能)を活かすということは
私たちにとてつもないパワーと元気・希望を与えてくれることなのです。

霊芝の真のパワーとは

これまで健康維持のために、さまざまな自然素材が出てきましたが、
そのほとんどが一時的な流行で終わるものでした。

確かな科学的エビデンスを持たず、昔から身体に良さそうとか、
メディアの宣伝効果に振り回された結果ではないでしょうか。

そして本当に困った人が最後にたどり着くと言われているのが「霊芝」です。
しかし「霊芝」なら何でもいいのかというとこれも違うのです。

霊芝の真のパワーを取り入れるには重要なポイントがあります。

それは霊芝に含まれる有用成分をどれだけ身体に
吸収させることができるかということです。
霊芝の実力はよく言われる「βーグルカン」だけではなく、
さらにパワーを持つといわれる「ガノデリン酸類」にあります。
この2つの成分がしっかりと身体に吸収されることにより
霊芝の実力が発揮されるのです。

私たちが販売している「ガノデリン酸抽出霊芝-輝き-」は
長年霊芝を研究されてきた九州大学、近畿大学の先生方との
共同研究によって生まれた商品です。

一番神経を使ったのが2つの成分の抽出量でした。

それがなんと霊芝1g中ガノデリン酸は593.16mgも
抽出に成功
したのです。
1グラムは1000mgですから約6割がガノデリン酸類になります。
これを1粒中(170mg)に置き換えると
88.97ミリグラムと驚異的な抽出量
です。
またβ―グルカンも100g中47gとこれも非常に多く含まれています。

私たちが作った「ガノデリン酸抽出霊芝輝き」は
有用成分の塊と言っていい商品に出来上がりました。

これなら本当に困っている人の役に立つことができると確信しました。
ぜひ一度お試ししていただけることを願っています。

2回目の霊芝の目利き調査の結果

1月17日、霊芝の2回目になる目利き調査の発表がありました。

霊芝の成分であるガノデリン酸について、
さまざまな方向からガノデリン酸が
私たちの身体に及ぼす影響を調査してもらいました。

今回は腎臓に対しての影響を調査してもらいましたが、
結果は△です。

まずは特定の部位についての健康維持などは
機能性食品としての範疇を超えているとのことです。

それはそうだろうと思っていましたが、
特許情報や研究者が出した本などでそのような記述が出てきていて、
それらの信ぴょう性を確認することも
今後の霊芝の研究には重要なことだと考えています。

ガノデリン酸ではないが、ほかの霊芝の成分においての
動物実験などはあるようです。

今回の結果を踏まえて大学の先生方と研究テーマを絞り
霊芝の研究に取り組んでいこうと思っています。

健康食品を超えた健康食品である霊芝は
とても可能性のある原料であることは事実です。


多くの人に役に立つ成分もきっと含んでいると思っています。
科学の進歩により新たな事実が解明されていくことを期待しています。

私ももう一度気合を入れて頑張ります。

-------------------------------------------

ガノデリン酸抽出霊芝-輝き-
購入はこちらから↓
>>ガノデリン酸抽出霊芝-輝き-

酵素飲料自然力・霊芝サプリ・やまぶしたけの自然縁公式通販サイト
詳しくはこちら↓
>>酵素飲料自然力・霊芝サプリ・やまぶしたけの自然縁

霊芝はキノコです。キノコ=菌類です。

私たち人類と菌類は長い間共存共栄してきたことは
皆さんもご存じだと思います。

例えば私たちの皮膚には常在菌という菌が凄い数存在し、
悪い菌の侵入を防いでくれていますし、
腸の中にも100兆個といわれる腸内細菌が住み着いています。

それらの腸内細菌は食物の分解を助け、免疫を上げてくれるなど、
私たちの体調を左右するくらいの役割をしてくれています。

よく言われるのが「水虫を治す薬を見つけるとノーベル賞は間違いない」。
そのわけは菌類と人類とは非常に近い関係にあるため、
水虫をやっつける薬ができたとしても、
その薬は私たちの身体にも悪い影響を及ぼしてしまうので
なかなか水虫の治療薬を作ることが難しいのです。

考えてみると、霊芝の中には期待される成分として
ガノデリン酸やβーグルカンがありますが、
それらの成分は外敵や病気から守るために
菌類たち自身が作ったと考えることができます。

その成分こそ、菌類と人類が近い関係であることから
私たち人類にも多くの恵み(健康)を与えてくれる成分であると
いうことができます。

だからこそ2000年も前から霊芝は漢方でいう上品とされ、
一等級の商品として扱われてきたことが分かる気がします。

なぜ霊芝が私たちに健康という恵みを与えて
続けてきたかは霊芝が菌類だからです。
皆さん納得していただけましたか。
ガノデリン酸抽出霊芝-輝き-
プロフィール

jinenryoku

Author:jinenryoku
酵素飲料自然力、ヤマブシタケ、桑茶、明日葉、低分子ヒアルロン酸、ココナッツオイル等

大学で研究し根拠が確立された確かな商品を販売する

「自然縁」の店長ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ガノデリン酸抽出霊芝-輝き-

ココナッツ酵素飲料「自然力」 自然縁インスタグラム 自然縁フェイスブック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR